阿波むすめの子育てブログ in TOKYO
新米ママに寄り添う「こんなときどうする?」を届ける、リアル体験記
妊娠・子育て

【コロナ禍で出産準備】陣痛バッグ・入院バッグの中身を公開【写真付き】

こんにちは、阿波むすめです。

臨月に入り、毎日ソワソワしていますが、やっと出産入院準備が整いました。

11月後半に出産予定の私が準備した、出産入院グッズの中身をご紹介します。

コロナ禍での出産のため、立会出産・面会が一切禁止。

家族が後から荷物を持ってきても、スタッフが受け取り、赤ちゃんや私とは会えません。

わざわざ持ってきてくれたのに会えないのは申し訳ないので、後から持ってきてもらうことは考えず、すべて一人で持っていく用意をしました。

産院で用意してくれる出産入院グッズ

私が産む予定の産院(東京都大田区/荏原病院)では、下記の物を用意してくれます。

  • 分娩時の服
  • 産褥パッド(M)1袋
  • 産褥パッド(L)1袋
  • 分娩直後用 使い捨て産褥ショーツ
  • おしり拭き
  • 入院中の赤ちゃんの衣類とオムツ
  • ドライヤー(シャワー室で貸出し)
  • テニスボール(陣痛時に貸出し)

病院ごとに異なるので、必ず事前に確認を!

自分で用意した出産入院グッズ

私が用意した物。

  • 商品の価格はすべて税込
  • おすすめグッズは色をつけています。後半で詳細をご紹介しています。
▲産褥・授乳グッズ
  • 産褥パッド:入院時から付けて行くため、産院でくれる物とは別に用意(アカチャンホンポで購入 各640円/M10枚・L5枚) 
  • 産褥ショーツ:最初は助産師・看護師が介護してくれるので股部分が開くクロッチオープンタイプ。入院時に1枚履いて行く(犬印本舗 1,100円/枚)
  • 母乳パッド:3日分(1日5セット=10枚位使用)
  • 授乳キャミソール:授乳ブラとインナーそれぞれ用意するのが面倒なのでカップ付きのキャミを準備(マタニティ兼用。ピジョン 2,125円/枚)
  • おしり拭き:産院でくれる物とは別に用意するよう指示あり(楽天で購入 2,730円/56枚×12袋)
  • ガーゼ:授乳用(アカチャンホンポで購入 1,408円/20枚)
▲アカチャンホンポで購入 915円/32枚×4袋 
▲陣痛促進グッズ
  • 靴下・モコモコ靴下・足首ウォーマー:体を温めて陣痛促進
  • 貼るカイロ:腰やお腹に貼って陣痛促進
  • リップクリーム:お産は口と唇がすごく渇く
  • スリッパ:病院で履いた物を家に持ち帰りたくないので、3coinsで購入し、退院時に廃棄予定
▲デジタル用品
  • デジカメ・充電器:スマホのシャッター音は周りの迷惑になる&キレイに撮りたいのでデジカメで撮影
  • スマホ充電ケーブル:普段使っているケーブルは短くてコンセントからベッドまで届かない
  • 充電アダプタ:スマホ以外も同時に充電できるよう差込口3つあり
  • イヤホン・充電器:陣痛室や入院中のリラックス用
  • スマホモバイルバッテリー:陣痛室はコンセントからベッドまでが遠く、3メートルの充電ケーブルも届かない可能性あり
▲陣痛時の飲料・食料
  • ペットボトル:家族に頼めないので多めに
  • ペットボトルストロー:寝た状態で飲める(ダイソーで購入。飲み口がシリコンタイプだと曲げられるので便利)
  • ゼリー:タイミングによっては病院食が出るが、食べる気がしないという意見多数。飲むタイプのゼリーがおすすめ
  • お菓子:しんどくても軽く食べられそうなもの・小分けになっているものや袋とじできるもの
▲洗面用具

普段の旅行セット+妊娠線予防クリーム+乳頭クリーム+爪切り

▲お風呂・洗濯グッズ
  • ミニバスタオル:かさばらないミニサイズがおすすめ(楽天で購入 1,001円/枚)
  • フェイスタオル:このうち1枚は分娩時の汗拭きに使用
  • お風呂にいくバッグ:タオル・洗面用具などを入れる水はけのいい物
  • 洗濯洗剤:病院内のコインランドリーで使用
  • 前開きパジャマ:授乳口つき。はだけないようにヒザより下までの長さがあり、助産師さんが介護しやすいようにスソまで前開きのタイプ(楽天で購入 2,500円/枚)
  • マタニティスパッツ:パジャマの下に履く(アカチャンホンポで購入 犬印本舗 1,078円/枚)
  • 洗濯ネット:洗濯物を入れたまま病院内を持ち運べる(3coinsで購入)
便利グッズ
  • 除菌シート:ベッドのテーブルや備品を拭く
  • マスク:帝王切開になった場合に備えて7日分
  • ティッシュ:箱はかさばるので袋タイプ(楽天西友ネットスーパーで購入203円/5袋)
  • 冷えピタ:寝苦しいときなどに
  • 服用中の薬:入院中も服用していいか医師に確認
  • ゴミ袋:新型コロナでゴミ箱が撤去されている可能性あり
  • S字フック:ベッドの柵にかけて落ちないタイプ(セリアで購入)
  • 耳栓:大部屋のため、赤ちゃんを預けて一人で休む時に他の赤ちゃんの声や産婦さんの物音・イビキなどが気にならないように
  • ハサミ:ほつれた糸を切ったり何かと必要(過去の入院時に痛感)
  • 手鏡:ベッドで身だしなみをととのえられるように
  • 手提げバッグ:病院内を出歩くときの貴重品袋
▲産後のからだケアグッズ
  • 骨盤ベルト:骨盤矯正(妊娠中から使用「なが~く使えるマタニティベルト」犬印本舗 4,470円)
  • メディキュット:脚のむくみケア。太ももまでのタイプはお腹が大きいと履きにくいため膝丈タイプ
  • 円座クッション:会陰切開をすると必須(ニトリで購入 1,490円)
  • 妊婦帯:腹巻きがわりに(犬印はじめて妊婦帯セット 2,598円)セットの補助ベルトは使っていません
  • 白色ワセリン:授乳で乳首が切れた時用(ドラッグストアで購入 396円)
▲退院時のベビー服(1枚ずつ)

すべてアカチャンホンポで購入 

  • ドレスオール(サイズ60):2,178円
  • 新生児肌着10点セット(短肌着5枚+コンビ肌着5枚 サイズ50~60):4,950円

退院時の私の服は、別途準備はしていません。

前開きパジャマがそれなりに外を出歩けるデザインなので、それを着るか、入院時に着ていく服でOK。

パジャマの上に羽織るものは、入院時から羽織っていきます。

一人で持っていくので、できるだけ荷物を少なく!

陣痛バッグと入院バッグを分ける意味は?

本来は下記の意味で分けます。

  • 陣痛バッグ=それさえあれば出産は乗り越えられる物で、一人で病院まで持っていく
  • 入院バッグ=出産後から退院時まで必要な物で、後から家族が持ってくる

私の場合、すべて一人で持っていくので

  • 陣痛バッグ=入院~分娩直後に助産師さんがすぐ取り出せる用
  • 入院バッグ=後で自分で取り出す用

このように分けて準備しました。助産師さんも「分けてくれた方が助かる」とのこと。

荏原病院では、入院時にすべての荷物をカートに乗せて移動するため、陣痛バッグも入院バッグも一緒に移動でき、正確に分けていなくても大丈夫。

入院時と分娩直後に取り出しやすいように、【陣痛バッグ】はトートタイプマザーズバッグ

荷物を一人で運べるように、【入院バッグ】はリュックにしました。

陣痛バッグに入れたもの
  • 産褥パッド(袋ごと)
  • 産褥ショーツ(2枚)
  • 陣痛促進グッズ
  • デジタル用品(出産直後に助産師さんが写真を撮ってくれるので、わかりやすいよう透明の袋にまとめる)
  • 飲料・食料
  • 洗面用具
  • フェイスタオル(1枚)
  • 前開きパジャマ(1枚)
  • 母子手帳
  • 入院申込書など病院に提出する書類
  • 印鑑
  • 筆記用具

入院バッグには、上記以外を入れました。円座クッションは入りきらないのでお風呂バッグに。

【ベビー服】は退院時まで使わないのでリュックの一番下に入れる、

【ティッシュ】【便利グッズ】は病棟に移ってすぐ使うので上の方に入れるなど、使うタイミングによって工夫しました。

出産入院グッズはいつまでに準備する?

産院から渡された準備リストには、31週中(8か月)までに準備するようにと書かれていましたが、私は31週からゆっくり準備を始めて、36週中(10カ月突入時)に完了しました。

先輩ママさんに聞いたり、ママさんブログを見ると、皆さん同じくらいに準備されています。

ただし、新たに買い足す物もあるので、店舗へ買いに行ったり、通販で取り寄せたりという時間も必要。

33週頃までに一旦そろえて、そのあとは思いついた物を徐々に追加していくくらいがちょうどいいです。

産院に確認したほうがよいこと

  • 陣痛室・分娩室・病棟の見学もしくは写真を見せてもらえないか?(事前にイメージがわいていると安心。コンセントからベッドまでの距離も把握できる)
  • 個室の値段(大部屋での音などが気になって個室に移動したい場合もある)
  • ドライヤーは貸し出してくれる?
  • コインランドリーの金額はいくら?お札→小銭に両替できる?
  • 洗濯洗剤は自分で用意する?
  • 母乳パッドは何日分必要?
  • 陣痛中・分娩中の荷物の保管はどうする?

妊娠後期(36週頃)に保健指導があり、その際に聞けますが、気になったタイミングでメモしておき、妊婦検診時に助産師さんに聞いたほうが準備しやすいです。

荏原病院の助産師さんたちは、その都度丁寧に教えてくれました。

【買ってよかった!】おすすめ出産入院グッズ

紹介した中で、これは買ってよかったと思う物です。

気になった商品があればチェックしてみてください☺

産褥ショーツ

授乳キャミソール

カップ部分が取り外せないタイプを探してやっと見つけました!

こちらはベビーザらス通販限定商品。

ベビーザらス限定 ピジョン 乳腺にやさしい ブラトップ(ブラック×M-L)

ベビーザらス限定 ピジョン 乳腺にやさしい ブラトップ(グレー×M-L)

取り外せるタイプは、洗濯するとカップがキャミソールの中でひっくり返って毎回セットしなきゃいけないので、取り外せないタイプが気に入っています。

パンパースおしり拭き

充電ケーブル(iPhone用)

こちらはAmazonでしか見当たりませんでした。

楽天だとやたら高価か、何本もセットになっているので、Amazonで購入。

ミニバスタオル

妊娠前から家事をラクにするために購入しましたが、本当におすすめ!

前開きパジャマ(授乳口つき)

「なが~く使えるマタニティベルト」

着脱時、マジックテープ部分がニット素材の服やストッキングなどにくっつきやすい!

ニットは毛羽立ち、ストッキングは伝線します😨

くっつかないように慎重に着脱すれば、使用中は何も問題ありません。

「はじめての妊婦帯セット」

補助ベルトのほうは、骨盤矯正にも冷え防止にも効果を感じませんでした。

帯のほうだけ単品で売っていれば複数枚買いたかった!

マザーズバッグ

トートタイプのちょうどいい陣痛バッグがなかったので、マザーズバッグも兼ねて購入。

ちょっと生地が薄いですが、そのぶん軽いです。

子育てスタイルは徐々に変化していきますし、床や地面に置くことが多いので、生地がしっかりして長く使える物よりも、気兼ねなくがんがん使えるものがまず欲しいという方におすすめ。

頑丈なバッグはどうしても高価で、手出しするには早い気がするので、お手頃価格のバッグを選びました。

産後のお出かけ時の使用感はまた追記します。

出産準備の心構え

出産の不安は最後までつきまとうので、せめて出産準備だけはたのしく、バッチリ整えました。

足りないものは病院内の売店で買えるので、あまり気を張らなくて大丈夫!

退院後に、「これがあればよかった」「これはいらなかった」など追記もしていきますので、またのぞきにきてくださるとうれしいです。

これを見てくださった方が母子ともに無事に出産・退院できますように。

私も初産でドキドキが止まりませんが、がんばりましょうね!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA