阿波むすめの子育てブログ in TOKYO
新米ママに寄り添う「こんなときどうする?」を届ける、リアル体験記
妊娠・子育て

出産後にやるべき手続き一覧 「出産育児一時金」のお得な受け取り方も紹介

こんにちは、阿波むすめです。

臨月に入り、出産もいよいよ間近となった今、「いつ陣痛がくるんだろう」という不安とともにおそってきたのが

「出産後にやる手続きってなんだっけ…」というもの。

産後はとにかく体が疲れていて、待ったなしで育児が始まります。

そんな状況で、必要な手続きをイチから調べるのはしんどすぎるし、期限に間に合わない場合も。

不安を少しでも減らすため、私は出産前に手続きの方法を確認し、ノートにまとめました。

これを知っておくだけで、ずいぶんと不安が解消されて、出産のことだけに専念することができました。

出産後にやるべき手続き一覧

ママの状況によって、手続きやもらえる給付金が異なります。

ママのタイプ別 出産後手続き一覧

  • 勤務先の健康保険に加入しており、産前も産後も働く→「仕事継続」
  • 妊娠中・出産前に退職(退職後は夫の被扶養者or国民健康保険に加入)→「仕事退職」
  • 専業主婦・自営業(夫の被扶養者or国民健康保険に加入)→「専業主婦」
手続き基本の支給額仕事
継続
仕事
退職
専業
主婦
出産育児一時金の精算・手続42万円
出生届の
提出
児童手当の申請月額
0~3歳 15,000円
3歳~中学生
10,000円
赤ちゃんの健康保険加入
乳幼児医療費助成の申請医療費の
一部 or 全額
出生通知書の郵送
出産手当金の申請
(産休中給料が出ない場合)
月給÷30×2/3
×産休日数
××
育児休業給付金の申請月給×67%
6か月以降は50%
××
確定申告
(医療費控除)
*1
高額療養費の申請
(トラブル入院した場合)
自己負担額を
超えた分
傷病手当金の申請
(トラブル入院した場合)
月給÷30×2/3×(休んだ日数-3日)×
確定申告
(所得税還付)
納めすぎた
所得税
××
失業給付の申請働いていた期間と賃金による××
▲【ママのタイプ別】出産後に必要な手続き一覧

*1)(1年間に支払った医療費の合計額-保険金などで補てんされる金額-10万円)×人ごとの所得税率=戻ってくる金額

  • 私は「仕事継続」なので、ここでは「仕事を継続する場合」の手続きについてお話しします
  • 私は産休中も給料が出て出産手当金はもらえないため、ここでは出産手当金については書いていません。給料がまったく出ない or 3分の1以下しか出ない場合は、出産手当金がもらえるので、勤務先に確認しましょう
  • 最後にご紹介しているおすすめ本に、ママのタイプ別での手続き方法が詳しく載っています

仕事を継続する場合の出産後手続きと方法

だれがどこでいつ(期限)
出産育児一時金の
精算・手続
ママ産院・
勤務先
妊娠中~
退院後
出生届の提出パパ/ママ役所生まれた日から
14日以内
児童手当の申請パパ/ママ役所生まれた翌日から
15日以内
赤ちゃんの健康保険加入パパ/ママ
(収入が多い方)
勤務先を通して
健康保険
出産後すぐ
乳幼児医療費助成の
申請
同上役所1か月検診までに
出生通知書の郵送パパ/ママポストに投函生まれた日から
14日以内
出産手当金の申請ママ勤務先を通して
健康保険
産休開始の翌日~
2年以内
育児休業給付金の
申請
ママ勤務先を通して
雇用保険
退院後
(準備は
妊娠中~)
確定申告
(医療費控除)
パパ/ママ
(収入が多い方)
税務署翌年2/16~3/15
(準備は
1月~)
高額療養費の申請ママ勤務先を通して
健康保険
2年以内
傷病手当金の申請ママ勤務先を通して
健康保険
2年以内
▲「仕事を継続する場合」の出産後の手続き

出産育児一時金は「産後申請方式」がお得

出産育児一時金とは

出産1人につき42万円が健康保険からもらえます(付加給付金がもらえる場合あり)。

【手続き方法】

  1. 出産前に「直接支払制度」or「産後申請方式」のどちらを利用するか選ぶ
  2. 「直接支払制度」を利用するなら利用可能か産院に確認する
  3. 勤務先から書類をもらい、記入できる箇所を記入し、入院時に産院へ渡す

出産育児一時金の「直接支払制度」とは

健康保険から産院へ直接支払う方法。

出産費用が支給額より多かった場合は、退院時に差額を産院へ支払い、支給額より少なかった場合は、差額が健康保険からもらえます。

申請手続きも産院が行ってくれて、産院へ支払う額が少額で済むので、直接支払制度を利用するのが一般的です。

(ほとんどの産院がこの制度を導入していますが、導入していない場合は、産前に自分で健康保険に申請手続きをする「受取代理制度」が利用できます)

私はあえて「直接支払制度」は利用しません。

下記の「産後申請方式」を利用します。

出産育児一時金の「産後申請方式」とは

いったん自分で出産費用の全額を産院へ支払い、産後に健康保険に申請し、後日健康保険から42万円を振り込んでもらう方法。

なぜ私がこの方式を利用するかというと、クレジットカードで支払ってポイントをゲットできるから!

楽天カードなら約5,000ポイント!(出産費用50万円の場合)

何十万もの買い物はめったにしないので、こんなポイント大量獲得のチャンスを逃す手はありません✨ 

産後ママ

でも・・・

  • いったん多額の支払いをしなきゃいけないし
  • しんどい産後に申請手続きしたくない!
阿波むすめ

大丈夫!

  • 2週間~2か月程度で振り込まれるので損するワケではないし
  • 産後の手続きはとても簡単!(下記参照)
▲①健康保険に提出する請求書
▲②産院と健康保険に提出する書類
  1. 勤務先から「産後申請方式」の書類をもらう
  2. 産院から「直接支払制度」の書類をもらう(直接支払制度を利用する場合も同じ用紙をもらう)
  3. 上記2つの記入できる部分に記入し、入院時に産院に渡す
  4. 退院時に書類を受け取り、領収証とあわせて勤務先に提出

これだけです!

産後に手続きをするとはいっても、どのみち出産したら勤務先と色々な書類のやりとりをすることになるので、手間は変わりません。

「出生届」「児童手当の申請」「乳幼児医療費助成の申請」は役所で一気に行う

産院から「出生証明書」を受け取ったら、この3つは役所で一気に行います。

(国民健康保険加入の場合は、「赤ちゃんの健康保険加入」も役所でできる)

ママは体力が回復しない時期なので、ぜひパパに行ってもらいましょう。

必要書類

  • 出生届出書(産院でもらう出生証明書と一体になっている)
  • 母子手帳
  • 印鑑(認印でOK)
  • 申請者の普通預金口座がわかるもの(児童手当の振込先)
  • パパとママそれぞれのマイナンバーがわかるもの
  • 本人確認書類(運転免許証など顔写真付きのもの)
  • 「赤ちゃんの健康保険証」はまだ届いていなくても、後日コピーの郵送でOKな自治体が多い
  • 国民健康保険の場合はパパ or ママの健康保険証

注意点

  • 「乳幼児医療費助成の申請」は、先に勤務先に健康保険の加入を申請しておく
  • 必要書類と、児童手当の振込先として指定できる金融機関は、自治体ごとに異なるので、自治体HPで調べておく

検索例:「〇〇区 出生届」「○○区 児童手当」

出生届とは別!出生通知書の郵送

妊婦検診の受診票に、こんなハガキがついています。

これは、出産後に自治体の保健師または助産師さんに自宅へ訪問をしてもらうための、「赤ちゃん生まれたよ」という通知で、出生届とは別です。

妊娠中に記入できる部分を記入しておき、出産後追記したら、産後14日以内を目安にポストに投函します。産院が記入する箇所はありません。

「医療費控除」と「高額療養費」はまったく別の手続き

この2つは似て非なるものです。

医療費控除高額療養費
申請する
ケース
その
家族全員
医療費が
保険金などで補てんされる金額を引いても10万円以上かかった場合
その
医療費が
自己負担額を超えた場合
戻ってくる
金額
払った
税金の一部
自己負担額を
超えた部分
申請先税務署健康保険
  • 「自己負担額」は所得によって異なるので、勤務先に確認する(国民健康保険の人は役所に確認)
  • 事前に健康保険に申請すれば、病院では自己負担額を超える分だけを払えばOK
  • いずれの手続きも、医療費の領収書が必要になるので、妊娠中からこまめに整理しておく(治療が目的でない美容などは対象外)
  • いずれの手続きも、産後すぐに行うわけではないので、妊娠中から余裕をもって調べておけばOK

傷病手当金の申請

妊娠悪阻、切迫流産、早産、妊娠高血圧症候群などで、会社を4日以上休んだ場合、傷病手当金の対象となります。

私も切迫流産で休職し、傷病手当金を申請しました。

手続き方法や勘違いしやすいポイントをまとめたので、該当するかもしれない方はこちらもお読みください。

ノートに整理し、夫婦で確認しよう

ここまで長々と読んでいただいたのですが、読むだけでは実際の手続き時に「で、結局どうするんだっけ?」と振り出しに戻ってしまいます。

自分なりにノートにまとめると頭の中でも整理できますし、いざ手続きするときはノートを見ればいいだけなので、とってもラクです。

また、パパが行う手続きも多いので、夫婦で一緒に確認することをおすすめします。

夫婦で一緒に確認することで、「出産準備も育児も夫婦でやるもの」という夫の意識がより強くなりました。

おすすめ本:「赤ちゃんができたら考えるお金の本」

妊娠・出産・育児でかかるお金や、給付金についてわかりやすく解説されています。

私たち夫婦も、これを読みながら整理しました。

教育資金のことも書いてあるので、ぜひ手元に置いておきたい一冊。

手続き関係は、何が必要か自分なりにまとめておけば、本当に気が楽になります。

これを読んだママさんたちが、気持ちよく出産に専念できるよう、すこしでも助けになれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA